日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山は完治しない可能性も…ゴルファーの股関節痛なぜ厄介

 2月のフェニックスオープンで米ツアー2勝目を挙げ、4月のマスターズに向けて調子を上げたい松山英樹(24)だが、“ヤバい”状況になってきた。

 現地26日のザ・ホンダクラシック2日目のスタート前に右股関節痛で棄権したからだ。

「バンカーや腰を落としてスイングする時に痛くなる」「バックスイングの時に痛みがくる」と話した松山は、「これ以上悪化すると、たぶん歩けないところまでいく。ゴルフをする体ではない」とも言っていたから、気がかりである。

 今回は今後のスケジュールを見据えて大事を取ったというが、直前のノーザントラストオープンは風邪のためにプロアマ戦を途中棄権。変調の兆しは出ていた。3打差10位発進の最終日に4日間ワーストの72をたたいて11位フィニッシュと見せ場もなく、優勝争いにからめなかったのは、体調を崩したことで、スイングを狂わせたのではないか、という指摘もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事