松山は完治しない可能性も…ゴルファーの股関節痛なぜ厄介

公開日: 更新日:

 2月のフェニックスオープンで米ツアー2勝目を挙げ、4月のマスターズに向けて調子を上げたい松山英樹(24)だが、“ヤバい”状況になってきた。

 現地26日のザ・ホンダクラシック2日目のスタート前に右股関節痛で棄権したからだ。

「バンカーや腰を落としてスイングする時に痛くなる」「バックスイングの時に痛みがくる」と話した松山は、「これ以上悪化すると、たぶん歩けないところまでいく。ゴルフをする体ではない」とも言っていたから、気がかりである。

 今回は今後のスケジュールを見据えて大事を取ったというが、直前のノーザントラストオープンは風邪のためにプロアマ戦を途中棄権。変調の兆しは出ていた。3打差10位発進の最終日に4日間ワーストの72をたたいて11位フィニッシュと見せ場もなく、優勝争いにからめなかったのは、体調を崩したことで、スイングを狂わせたのではないか、という指摘もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る