松山英樹「世界トップ10」入りにスポンサー“真っ青”のワケ

公開日: 更新日:

 松山にだって「特典」はある。

 世界ランキング6位に上がったテニスの錦織圭(26)は22日(日本時間23日)、メキシコ・オープン1回戦で同105位のティエモ・デバッカー(オランダ)に2-0で完勝。4連覇を果たしたメンフィス・オープンに続き、出場2大会連続優勝を狙う。

 テニスの世界ランクは重要で、例えば4位なら、全米や全英などの4大大会では準決勝まで上位3人とは当たらない。

 先週のノーザントラスト最終日は優勝争いに絡めず11位に終わった松山英樹(23)も、世界ランクはひとつアップして11位。トップ10入りは間近だが、ゴルフは世界の十指どころか三指に入ってもメジャーで優遇されるなどのメリットはないのか。「そんなことはないですよ」というのは、ある米ツアー記者だ。

「かつてはメジャーに優勝すると、年間契約料が100万ドル(現在の約1億1200万円)アップするといわれていた時代もありましたが、今は代理人が力を持ち、トップクラスの選手の場合、契約スポンサーに細かいインセンティブ(成績によるボーナス)条項を盛り込ませている。金額は選手の実績や世界ランクなどによって異なりますが、例えばスポンサーとは、世界ランク1位を10週間キープしたら50万ドル、メジャー優勝で200万ドル、世界ランク10位以内で10万ドル、同3位以内で50万ドル、ツアー1勝につき100万ドルなどです。松山のバックには、錦織とも契約している世界最大のマネジメント会社のIMGがついている。数々のボーナス条件を決めているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る