日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

速球170キロへ ハム大谷には別メニュー調整が進化の好機

 右足首の故障でWBCを回避した日本ハムの大谷翔平(22)。米アリゾナ州ピオリアのキャンプでランニングのスピードや量は少しずつアップしているものの、依然、別メニュー調整が続いている。

 7日(日本時間8日)には、現地入りしてから初めてスパイクを履き、約80メートルの距離でキャッチボールを行った。

「(スパイクを履いたのは)グラウンドが濡れていたので滑らないようにです。(状態は)徐々に上がっているかな」と明るい表情で話したものの、ティーやトスなどの打撃練習も屋内練習場に限定されているため、「引きこもりになっているので、外で打ちたい」と話したことすらあった。

「大谷が引きこもっているのはグラウンド内に限りません」と、現地で取材する放送関係者がこう言った。

「宿舎から歩いて5分くらいのところにスーパーマーケットがポツンと1軒だけあって、選手たちは三々五々、買い出しに出掛けています。けれども、大谷はそこにすら行っている気配がありません。アリゾナキャンプ唯一の休日だった5日(日本時間6日)も、選手は買い物や、スコッツデールで行われたゴルフの松山の試合を見に出掛けていましたが、大谷は宿舎で静養。グラウンドやウエートトレの施設に顔を出すこともなく、部屋に閉じこもっていた。テレビのチャンネルはペイトリオッツが大逆転で制したNFLスーパーボウルに合わせていたようですけど、さほど熱心に見入っていたわけでもなさそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事