速球170キロへ ハム大谷には別メニュー調整が進化の好機

公開日:

 右足首の故障でWBCを回避した日本ハムの大谷翔平(22)。米アリゾナ州ピオリアのキャンプでランニングのスピードや量は少しずつアップしているものの、依然、別メニュー調整が続いている。

 7日(日本時間8日)には、現地入りしてから初めてスパイクを履き、約80メートルの距離でキャッチボールを行った。

「(スパイクを履いたのは)グラウンドが濡れていたので滑らないようにです。(状態は)徐々に上がっているかな」と明るい表情で話したものの、ティーやトスなどの打撃練習も屋内練習場に限定されているため、「引きこもりになっているので、外で打ちたい」と話したことすらあった。

「大谷が引きこもっているのはグラウンド内に限りません」と、現地で取材する放送関係者がこう言った。

「宿舎から歩いて5分くらいのところにスーパーマーケットがポツンと1軒だけあって、選手たちは三々五々、買い出しに出掛けています。けれども、大谷はそこにすら行っている気配がありません。アリゾナキャンプ唯一の休日だった5日(日本時間6日)も、選手は買い物や、スコッツデールで行われたゴルフの松山の試合を見に出掛けていましたが、大谷は宿舎で静養。グラウンドやウエートトレの施設に顔を出すこともなく、部屋に閉じこもっていた。テレビのチャンネルはペイトリオッツが大逆転で制したNFLスーパーボウルに合わせていたようですけど、さほど熱心に見入っていたわけでもなさそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る