山田はWBC球心配なし 「いい意味で鈍感」と燕HC太鼓判

公開日:  更新日:

「意外と違和感はなかったです」

 7日、侍ジャパンに選出されているヤクルトの山田哲人(24)がWBC球で初めての守備練習を行った。シーズンオフから自宅でもボールを離さず、自主トレ期間中にキャッチボールも開始。その成果か、「もう少し抜けるかなと思ったけど、普段から握っているせいか、想像以上にしっくりきた」と余裕の表情で話した。

 滑りやすいWBC球に戸惑っているのは投手に限ったことではなく、ショートを守る巨人の坂本も「違和感がある」とナーバスになっている。大会を無事に終えたとしても、故障や疲労など国際大会の“後遺症”を懸念する声は、どの球団の首脳陣からも聞かれるが、三木ヘッドコーチに聞くと「山田は大丈夫」とこんな答えが返ってきた。

「(WBCに)選ばれても、なあんにも変わらない。あいつらしいというか、本当にいつも通り」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る