山田はWBC球心配なし 「いい意味で鈍感」と燕HC太鼓判

公開日:  更新日:

「意外と違和感はなかったです」

 7日、侍ジャパンに選出されているヤクルトの山田哲人(24)がWBC球で初めての守備練習を行った。シーズンオフから自宅でもボールを離さず、自主トレ期間中にキャッチボールも開始。その成果か、「もう少し抜けるかなと思ったけど、普段から握っているせいか、想像以上にしっくりきた」と余裕の表情で話した。

 滑りやすいWBC球に戸惑っているのは投手に限ったことではなく、ショートを守る巨人の坂本も「違和感がある」とナーバスになっている。大会を無事に終えたとしても、故障や疲労など国際大会の“後遺症”を懸念する声は、どの球団の首脳陣からも聞かれるが、三木ヘッドコーチに聞くと「山田は大丈夫」とこんな答えが返ってきた。

「(WBCに)選ばれても、なあんにも変わらない。あいつらしいというか、本当にいつも通り」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る