調整=投げ込み 汚名返上狙うSB松坂「熱投239球」の不安

公開日:  更新日:

 7日、周囲が心配そうに見守る中、延々とブルペンで投げ続けたのが、ソフトバンクの松坂大輔(36)だ。

 その数、なんと239球。それでも本人は涼しい顔で「疲れた状態で投げたい」と話し、報道陣の目を白黒させた。

 松坂は14年オフに3年12億円でソフトバンク入りするも、2年間はほぼ何もせず。「給料ドロボー!」との非難はいまもなおやんでいない。今季は契約最終年。汚名返上に燃えているにせよ、それにしても飛ばしすぎじゃないか。

 キャンプ初日はブルペン入りの予定がなかったにもかかわらず、捕手を座らせて59球。3日目は自ら打撃投手に志願すると、翌日もブルペンで135球を投げた。その後は指先にマメができたためにペースダウンになるかと思いきや、休日を挟んでこの日の熱投だ。

 松坂は決して器用なタイプではない。調整とはブルペンで投げ込むことであり、「肩は消耗品」というメジャーの考えを、最後まで理解できなかった。米国ではこっそりブルペンで投げ込んだのがバレ、首脳陣に大目玉を食らったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る