調整=投げ込み 汚名返上狙うSB松坂「熱投239球」の不安

公開日:  更新日:

 7日、周囲が心配そうに見守る中、延々とブルペンで投げ続けたのが、ソフトバンクの松坂大輔(36)だ。

 その数、なんと239球。それでも本人は涼しい顔で「疲れた状態で投げたい」と話し、報道陣の目を白黒させた。

 松坂は14年オフに3年12億円でソフトバンク入りするも、2年間はほぼ何もせず。「給料ドロボー!」との非難はいまもなおやんでいない。今季は契約最終年。汚名返上に燃えているにせよ、それにしても飛ばしすぎじゃないか。

 キャンプ初日はブルペン入りの予定がなかったにもかかわらず、捕手を座らせて59球。3日目は自ら打撃投手に志願すると、翌日もブルペンで135球を投げた。その後は指先にマメができたためにペースダウンになるかと思いきや、休日を挟んでこの日の熱投だ。

 松坂は決して器用なタイプではない。調整とはブルペンで投げ込むことであり、「肩は消耗品」というメジャーの考えを、最後まで理解できなかった。米国ではこっそりブルペンで投げ込んだのがバレ、首脳陣に大目玉を食らったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る