• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

調整=投げ込み 汚名返上狙うSB松坂「熱投239球」の不安

 7日、周囲が心配そうに見守る中、延々とブルペンで投げ続けたのが、ソフトバンクの松坂大輔(36)だ。

 その数、なんと239球。それでも本人は涼しい顔で「疲れた状態で投げたい」と話し、報道陣の目を白黒させた。

 松坂は14年オフに3年12億円でソフトバンク入りするも、2年間はほぼ何もせず。「給料ドロボー!」との非難はいまもなおやんでいない。今季は契約最終年。汚名返上に燃えているにせよ、それにしても飛ばしすぎじゃないか。

 キャンプ初日はブルペン入りの予定がなかったにもかかわらず、捕手を座らせて59球。3日目は自ら打撃投手に志願すると、翌日もブルペンで135球を投げた。その後は指先にマメができたためにペースダウンになるかと思いきや、休日を挟んでこの日の熱投だ。

 松坂は決して器用なタイプではない。調整とはブルペンで投げ込むことであり、「肩は消耗品」というメジャーの考えを、最後まで理解できなかった。米国ではこっそりブルペンで投げ込んだのがバレ、首脳陣に大目玉を食らったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る