日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷代役で追加招集 SB武田“縦カーブ”はWBCで通用するか

 気持ちだけなら大谷にも負けていない。WBC日本代表の最後の1人として、追加招集が決まったのが、ソフトバンクの右腕、武田翔太(23)だ。

 本来ならば日本ハムの大谷が出場予定だったが、調整が遅れていたため、日本代表の小久保監督が28人の登録から除外。武田はその“代わり”というわけだが、形はどうあれ、代表入りは本望だろう。

 武田は昨年末、日刊ゲンダイのインタビューで、WBCへの思いを熱く語っていた。

「本当に楽しみですよ。日本代表ということは、子供たちのお手本にならなきゃいけない。子供たちに野球を普及するためにも、代表選手として自信を持って、楽しくプレーする姿を見せたい。それに、カーショウ(ドジャース)も出てくるんですよね? WBCではベンチの一番前に陣取って(投球を)見ますよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事