大谷代役で追加招集 SB武田“縦カーブ”はWBCで通用するか

公開日:  更新日:

 気持ちだけなら大谷にも負けていない。WBC日本代表の最後の1人として、追加招集が決まったのが、ソフトバンクの右腕、武田翔太(23)だ。

 本来ならば日本ハムの大谷が出場予定だったが、調整が遅れていたため、日本代表の小久保監督が28人の登録から除外。武田はその“代わり”というわけだが、形はどうあれ、代表入りは本望だろう。

 武田は昨年末、日刊ゲンダイのインタビューで、WBCへの思いを熱く語っていた。

「本当に楽しみですよ。日本代表ということは、子供たちのお手本にならなきゃいけない。子供たちに野球を普及するためにも、代表選手として自信を持って、楽しくプレーする姿を見せたい。それに、カーショウ(ドジャース)も出てくるんですよね? WBCではベンチの一番前に陣取って(投球を)見ますよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る