日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

規定違反で減点の凡ミスも…羽生がまさかの出遅れ5位発進

 優勝候補が大失態である。

 フィギュアスケートの世界選手権(ヘルシンキ)は30日、男子ショートプログラム(SP)を行い、3季ぶりの王者奪還を目指すソチ金メダルの羽生結弦(22)が98・39点で5位に沈んだ。

 羽生は立ち上がりからミスを犯した。「ユズル・ハニュウ」の名前をコールされても演技を開始せず、30秒の規定時間をオーバーして痛恨の1点減点である。

 出はなをくじかれた羽生は、冒頭の4回転ループこそ決めたが、続く4回転サルコーの着氷でバランスを崩す。左足をつきながらも2回転トーループを跳んだが、回転不足ととられて加点されなかった。

 王者らしからぬ演技を見せた羽生は「非常に悔しい。不甲斐ない」と、苛立ちを隠さなかった。

「金メダルを取りたいので、しっかり修正したい」と続けたが、首位フェルナンデスとは10点差以上。GPファイナルでは4連覇中の羽生が、いよいよ崖っぷちに立たされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事