規定違反で減点の凡ミスも…羽生がまさかの出遅れ5位発進

公開日: 更新日:

 優勝候補が大失態である。

 フィギュアスケートの世界選手権(ヘルシンキ)は30日、男子ショートプログラム(SP)を行い、3季ぶりの王者奪還を目指すソチ金メダルの羽生結弦(22)が98・39点で5位に沈んだ。

 羽生は立ち上がりからミスを犯した。「ユズル・ハニュウ」の名前をコールされても演技を開始せず、30秒の規定時間をオーバーして痛恨の1点減点である。

 出はなをくじかれた羽生は、冒頭の4回転ループこそ決めたが、続く4回転サルコーの着氷でバランスを崩す。左足をつきながらも2回転トーループを跳んだが、回転不足ととられて加点されなかった。

 王者らしからぬ演技を見せた羽生は「非常に悔しい。不甲斐ない」と、苛立ちを隠さなかった。

「金メダルを取りたいので、しっかり修正したい」と続けたが、首位フェルナンデスとは10点差以上。GPファイナルでは4連覇中の羽生が、いよいよ崖っぷちに立たされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る