規定違反で減点の凡ミスも…羽生がまさかの出遅れ5位発進

公開日: 更新日:

 優勝候補が大失態である。

 フィギュアスケートの世界選手権(ヘルシンキ)は30日、男子ショートプログラム(SP)を行い、3季ぶりの王者奪還を目指すソチ金メダルの羽生結弦(22)が98・39点で5位に沈んだ。

 羽生は立ち上がりからミスを犯した。「ユズル・ハニュウ」の名前をコールされても演技を開始せず、30秒の規定時間をオーバーして痛恨の1点減点である。

 出はなをくじかれた羽生は、冒頭の4回転ループこそ決めたが、続く4回転サルコーの着氷でバランスを崩す。左足をつきながらも2回転トーループを跳んだが、回転不足ととられて加点されなかった。

 王者らしからぬ演技を見せた羽生は「非常に悔しい。不甲斐ない」と、苛立ちを隠さなかった。

「金メダルを取りたいので、しっかり修正したい」と続けたが、首位フェルナンデスとは10点差以上。GPファイナルでは4連覇中の羽生が、いよいよ崖っぷちに立たされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る