• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真央も羽生も不在…JOCシンボルアスリート人選のウラ事情

「本来なら真央チャンと羽生クンが入ってしかるべきなんですが……」

 こう語るのは、さるテレビ関係者だ。

 JOC(日本オリンピック委員会)が昨24日に発表した17~18年度「シンボルアスリート」に、プロ転向した体操の内村航平や、レスリングの吉田沙保里、女子フィギュアの宮原知子(関大)、男子フィギュアの宇野昌磨(中京大)らを追加したと発表。18年平昌冬季五輪を見据えた人選となった一方で、屈指の人気を誇る浅田真央、羽生結弦の名前はなかった。前出のテレビ関係者が言う。

「『シンボル──』になると、JOCから1000万円といわれる契約金をもらうことができるが、肖像権はJOCが管理する。広告塔として協賛会社のCMに出演したり、イベントに駆り出されることになる。一部協賛外の企業広告に出られないなどの縛りも出てくる。浅田も羽生もフィギュア協会自体に多くのスポンサーがついているから、協会としてもシンボルになられては困るはず。準シンボル級の宮原、宇野が選ばれたのは、苦肉の策ともいえるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る