真央も羽生も不在…JOCシンボルアスリート人選のウラ事情

公開日:

「本来なら真央チャンと羽生クンが入ってしかるべきなんですが……」

 こう語るのは、さるテレビ関係者だ。

 JOC(日本オリンピック委員会)が昨24日に発表した17~18年度「シンボルアスリート」に、プロ転向した体操の内村航平や、レスリングの吉田沙保里、女子フィギュアの宮原知子(関大)、男子フィギュアの宇野昌磨(中京大)らを追加したと発表。18年平昌冬季五輪を見据えた人選となった一方で、屈指の人気を誇る浅田真央、羽生結弦の名前はなかった。前出のテレビ関係者が言う。

「『シンボル──』になると、JOCから1000万円といわれる契約金をもらうことができるが、肖像権はJOCが管理する。広告塔として協賛会社のCMに出演したり、イベントに駆り出されることになる。一部協賛外の企業広告に出られないなどの縛りも出てくる。浅田も羽生もフィギュア協会自体に多くのスポンサーがついているから、協会としてもシンボルになられては困るはず。準シンボル級の宮原、宇野が選ばれたのは、苦肉の策ともいえるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る