真央も羽生も不在…JOCシンボルアスリート人選のウラ事情

公開日:

「本来なら真央チャンと羽生クンが入ってしかるべきなんですが……」

 こう語るのは、さるテレビ関係者だ。

 JOC(日本オリンピック委員会)が昨24日に発表した17~18年度「シンボルアスリート」に、プロ転向した体操の内村航平や、レスリングの吉田沙保里、女子フィギュアの宮原知子(関大)、男子フィギュアの宇野昌磨(中京大)らを追加したと発表。18年平昌冬季五輪を見据えた人選となった一方で、屈指の人気を誇る浅田真央、羽生結弦の名前はなかった。前出のテレビ関係者が言う。

「『シンボル──』になると、JOCから1000万円といわれる契約金をもらうことができるが、肖像権はJOCが管理する。広告塔として協賛会社のCMに出演したり、イベントに駆り出されることになる。一部協賛外の企業広告に出られないなどの縛りも出てくる。浅田も羽生もフィギュア協会自体に多くのスポンサーがついているから、協会としてもシンボルになられては困るはず。準シンボル級の宮原、宇野が選ばれたのは、苦肉の策ともいえるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る