日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真央も羽生も不在…JOCシンボルアスリート人選のウラ事情

「本来なら真央チャンと羽生クンが入ってしかるべきなんですが……」

 こう語るのは、さるテレビ関係者だ。

 JOC(日本オリンピック委員会)が昨24日に発表した17~18年度「シンボルアスリート」に、プロ転向した体操の内村航平や、レスリングの吉田沙保里、女子フィギュアの宮原知子(関大)、男子フィギュアの宇野昌磨(中京大)らを追加したと発表。18年平昌冬季五輪を見据えた人選となった一方で、屈指の人気を誇る浅田真央、羽生結弦の名前はなかった。前出のテレビ関係者が言う。

「『シンボル──』になると、JOCから1000万円といわれる契約金をもらうことができるが、肖像権はJOCが管理する。広告塔として協賛会社のCMに出演したり、イベントに駆り出されることになる。一部協賛外の企業広告に出られないなどの縛りも出てくる。浅田も羽生もフィギュア協会自体に多くのスポンサーがついているから、協会としてもシンボルになられては困るはず。準シンボル級の宮原、宇野が選ばれたのは、苦肉の策ともいえるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事