ファンも息のんだ…浅田真央はエキシビションなら世界一

公開日:  更新日:

 今季グランプリシリーズ初戦のスケートアメリカでは精彩を欠いて6位に終わった浅田真央だが、大絶賛されているのがエキシビション(EX)の演技だ。23日、米イリノイ州シカゴでEXに登場。バッハの「チェロ・スイート」(無伴奏チェロ組曲)にのって、1本足のスリーターンから始まる滑りは、これまでのEXとは異なり独創的かつ優雅。

 チェロの音を拾いながらスケートの技術を見せていく滑りを、今季生で見たファンは「これほど息をのむEXのプログラムは過去にない」と口を揃える。

 若手が急成長して難易度の高いジャンプを次々に習得しているが、「ステップとターンでここまでファンを魅了できるのは世界でも真央だけ」ともっぱら。ショートとフリーの「恋は魔術師」以上に海外の評価が高いEXは真央ファン必見だ。ちなみに次戦は11月11~13日のフランス杯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る