• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽生結弦が危機感 男子フィギュアの仁義なき“4回転戦争”

 得点の青天井が止まらない。

 19日、フィギュアスケート「四大陸選手権」の男子フリーで羽生結弦(22)が優勝を逃した。ショートプログラム3位から、フリーで今季最高の206・67点を叩き出し、合計300点超えでトップに立つも、ショート1位のネイサン・チェン(17・米国)が逃げ切り優勝。2位に終わった羽生は試合後、率直な思いを口にした。

「ネイサンの怖さを感じたが、それが自分の限界を引き上げてくれることは間違いない」

 羽生が感じる“怖さ”とは、チェンの持つ4種類の4回転ジャンプではないか。4回転の基礎点は半回転多く回る「アクセル」の15点を頂点に、「ルッツ」13.6点、「フリップ」12.3点、「ループ」12点、「サルコー」10.5点、「トーループ」10.3点と定められている。チェンはルッツ、フリップ、サルコー、トーループの4種類を跳ぶことができ、ループ、サルコー、トーループの3種類を跳ぶ羽生よりも高得点を狙える技術力を持っていることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る