日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽生結弦が危機感 男子フィギュアの仁義なき“4回転戦争”

 得点の青天井が止まらない。

 19日、フィギュアスケート「四大陸選手権」の男子フリーで羽生結弦(22)が優勝を逃した。ショートプログラム3位から、フリーで今季最高の206・67点を叩き出し、合計300点超えでトップに立つも、ショート1位のネイサン・チェン(17・米国)が逃げ切り優勝。2位に終わった羽生は試合後、率直な思いを口にした。

「ネイサンの怖さを感じたが、それが自分の限界を引き上げてくれることは間違いない」

 羽生が感じる“怖さ”とは、チェンの持つ4種類の4回転ジャンプではないか。4回転の基礎点は半回転多く回る「アクセル」の15点を頂点に、「ルッツ」13.6点、「フリップ」12.3点、「ループ」12点、「サルコー」10.5点、「トーループ」10.3点と定められている。チェンはルッツ、フリップ、サルコー、トーループの4種類を跳ぶことができ、ループ、サルコー、トーループの3種類を跳ぶ羽生よりも高得点を狙える技術力を持っていることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事