羽生結弦が危機感 男子フィギュアの仁義なき“4回転戦争”

公開日: 更新日:

 得点の青天井が止まらない。

 19日、フィギュアスケート「四大陸選手権」の男子フリーで羽生結弦(22)が優勝を逃した。ショートプログラム3位から、フリーで今季最高の206・67点を叩き出し、合計300点超えでトップに立つも、ショート1位のネイサン・チェン(17・米国)が逃げ切り優勝。2位に終わった羽生は試合後、率直な思いを口にした。

「ネイサンの怖さを感じたが、それが自分の限界を引き上げてくれることは間違いない」

 羽生が感じる“怖さ”とは、チェンの持つ4種類の4回転ジャンプではないか。4回転の基礎点は半回転多く回る「アクセル」の15点を頂点に、「ルッツ」13.6点、「フリップ」12.3点、「ループ」12点、「サルコー」10.5点、「トーループ」10.3点と定められている。チェンはルッツ、フリップ、サルコー、トーループの4種類を跳ぶことができ、ループ、サルコー、トーループの3種類を跳ぶ羽生よりも高得点を狙える技術力を持っていることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る