日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GP初戦は2位 “ガラスのエース”羽生結弦に付きまとう不安

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(21)が、29日(日本時間30日)のスケートカナダ最終日のフリーに出場。前日のショートプログラム(SP)での失敗が響き、優勝したパトリック・チャン(カナダ)に次ぐ2位に終わった。

 冒頭の4回転ループで転倒し、4回転サルコーも失敗。後半に挽回し、183・41点は出場選手中トップとはいえ、自己ベストより30点以上も低かった。

 SPでもジャンプミスを連発し、まさかの4位。総合263.06点は昨年GPファイナルで叩き出した、自らが持つ歴代1位の330.43には遠く及ばなかった。

「4回転サルコー、4回転トーループは自分にしてはちょっと着地が甘かった。いい勉強になりました」

 と語った羽生。SPでは技術点が演技構成点を下回り、フリーではその逆。オーサー・コーチは「負けた理由は演技構成点。少しジャンプにこだわり過ぎていた」と敗因を分析した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事