フィギュア日本女子窮地 五輪3枠絶望的どころか2枠も危機

公開日: 更新日:

 やっぱり「3枠」は無理そうだ。

 29日に開幕したフィギュアスケート世界選手権。18年平昌五輪の出場枠が決まる大会とあって、大きな注目が集まっている。

 06年のトリノ五輪以来、日本は最大の「3枠」を死守してきたが、この日行われた女子ショートプログラム(SP)では、樋口新葉(16)が9位、本郷理華(20)は12位、三原舞依(17)は15位に沈没。五輪シングルの3枠確保の条件となる、上位2人の順位合計「13以内」に遠く及ばず、2枠条件の「14~28」も31日のフリー次第では危うい状況である。

 致命傷となったのはエース宮原知子(19)の左股関節疲労骨折による欠場だが、そもそも今季のグランプリ(GP)シリーズでも、日本女子は宮原の銀が最高。ファイナルを含む7戦で表彰台に立ったのは3人だけだった。浅田真央(26)が銀メダルを獲得したバンクーバー五輪を境に、かつてのお家芸は下り坂となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る