• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フィギュア日本女子窮地 五輪3枠絶望的どころか2枠も危機

 やっぱり「3枠」は無理そうだ。

 29日に開幕したフィギュアスケート世界選手権。18年平昌五輪の出場枠が決まる大会とあって、大きな注目が集まっている。

 06年のトリノ五輪以来、日本は最大の「3枠」を死守してきたが、この日行われた女子ショートプログラム(SP)では、樋口新葉(16)が9位、本郷理華(20)は12位、三原舞依(17)は15位に沈没。五輪シングルの3枠確保の条件となる、上位2人の順位合計「13以内」に遠く及ばず、2枠条件の「14~28」も31日のフリー次第では危うい状況である。

 致命傷となったのはエース宮原知子(19)の左股関節疲労骨折による欠場だが、そもそも今季のグランプリ(GP)シリーズでも、日本女子は宮原の銀が最高。ファイナルを含む7戦で表彰台に立ったのは3人だけだった。浅田真央(26)が銀メダルを獲得したバンクーバー五輪を境に、かつてのお家芸は下り坂となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る