ラミレスが母国で事故死 MLBのオフはトラブルもケタ違い

公開日: 更新日:

 オリオールズの若手内野手ラモン・ラミレスが1月30日、母国ドミニカで交通事故死していたことが分かった。ガールフレンドを後ろに乗せてオートバイを運転中、車に追突され、事故に巻き込まれたという。23歳だった。

 それにしても目に余るのが、メジャーリーガーのオフの交通事故やトラブルだ。

 14年10月26日にはオスカー・タベラス外野手(当時22歳=カージナルス)が、母国ドミニカで恋人を車に乗せて運転中に事故死した。

 事故ではないが11年11月にはグレッグ・ハルマン外野手(当時24歳=マリナーズ)が、オランダのロッテルダムで弟に刺殺された。オフに母国のアパートでガールフレンドと就寝中、隣の部屋の弟が大音量で音楽を鳴らしたことにプッツン。口論の末、ナイフでブスッとやられたという。メジャー昇格したシーズン直後の惨劇だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る