メジャー通が評価 セの新外国人“当たりとハズレ”は誰だ?

公開日: 更新日:

 今季セ・リーグに助っ人としてやってくる新外国人は13人(1月5日現在)。2004年から毎年刊行されている「完全メジャーリーグ選手名鑑」の著者としておなじみのスポーツライター友成那智氏が、早くも“品定め”を行ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 昨年のセ・リーグの優勝チーム、ヤクルトではデイビーズ(右投右打)の評価が高い。

「11年に右肩を手術。その影響でしばらく低迷しましたが、昨季、4年ぶりにメジャー復帰したように根性はあります。日本の打者が苦手なカットファストボールが武器なので、先発4番手くらいなら務まるかもしれません」(友成氏=以下同)

 デイビーズに先発を任せられるようなら、バーネットが抜けたリリーフに新外国人か先発の石山を回すこともできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る