日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー通が評価 セの新外国人“当たりとハズレ”は誰だ?

 今季セ・リーグに助っ人としてやってくる新外国人は13人(1月5日現在)。2004年から毎年刊行されている「完全メジャーリーグ選手名鑑」の著者としておなじみのスポーツライター友成那智氏が、早くも“品定め”を行ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 昨年のセ・リーグの優勝チーム、ヤクルトではデイビーズ(右投右打)の評価が高い。

「11年に右肩を手術。その影響でしばらく低迷しましたが、昨季、4年ぶりにメジャー復帰したように根性はあります。日本の打者が苦手なカットファストボールが武器なので、先発4番手くらいなら務まるかもしれません」(友成氏=以下同)

 デイビーズに先発を任せられるようなら、バーネットが抜けたリリーフに新外国人か先発の石山を回すこともできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事