メジャー通が評価 セの新外国人“当たりとハズレ”は誰だ?

公開日: 更新日:

 今季セ・リーグに助っ人としてやってくる新外国人は13人(1月5日現在)。2004年から毎年刊行されている「完全メジャーリーグ選手名鑑」の著者としておなじみのスポーツライター友成那智氏が、早くも“品定め”を行ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 昨年のセ・リーグの優勝チーム、ヤクルトではデイビーズ(右投右打)の評価が高い。

「11年に右肩を手術。その影響でしばらく低迷しましたが、昨季、4年ぶりにメジャー復帰したように根性はあります。日本の打者が苦手なカットファストボールが武器なので、先発4番手くらいなら務まるかもしれません」(友成氏=以下同)

 デイビーズに先発を任せられるようなら、バーネットが抜けたリリーフに新外国人か先発の石山を回すこともできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る