メジャー通の友成那智氏がパ・リーグ新外国人を“品定め”

公開日: 更新日:

 パで評価が高いのは日本ハムのマーティン(右投左打)と西武の李振昌(右投右打)の投手2人だ。

「マーティンは速球の平均が152キロ。身長が203センチと高いので、ボールに角度が付く。いいカットファストボールとカーブがあるため、右投手なのに左打者に強いという長所があります。倉庫で3年働いた後、独立リーグ、マイナーリーグを歩んだ苦労人。ハングリー精神は旺盛です」(友成氏)

 日本ハムは昨季、後半戦でリリーフ陣がバテて失速しただけに、抑えの増井につなぐセットアッパーとして計算が立てば大きな戦力になる。

 西武も懸案のリリーフ陣を強化できそうだ。

「李振昌はサイドハンドから150キロの速球を投げ込む右腕。かつてヤクルトに在籍した林昌勇に似たタイプです。球威はあるが制球がいまひとつなので、クローザーよりセットアッパー向き。インサイドを果敢に突く強気の投球が持ち味で、その分、死球は多い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る