メジャー通の友成那智氏がパ・リーグ新外国人を“品定め”

公開日:  更新日:

 パで評価が高いのは日本ハムのマーティン(右投左打)と西武の李振昌(右投右打)の投手2人だ。

「マーティンは速球の平均が152キロ。身長が203センチと高いので、ボールに角度が付く。いいカットファストボールとカーブがあるため、右投手なのに左打者に強いという長所があります。倉庫で3年働いた後、独立リーグ、マイナーリーグを歩んだ苦労人。ハングリー精神は旺盛です」(友成氏)

 日本ハムは昨季、後半戦でリリーフ陣がバテて失速しただけに、抑えの増井につなぐセットアッパーとして計算が立てば大きな戦力になる。

 西武も懸案のリリーフ陣を強化できそうだ。

「李振昌はサイドハンドから150キロの速球を投げ込む右腕。かつてヤクルトに在籍した林昌勇に似たタイプです。球威はあるが制球がいまひとつなので、クローザーよりセットアッパー向き。インサイドを果敢に突く強気の投球が持ち味で、その分、死球は多い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る