「強父論」阿川佐和子著

公開日: 更新日:

 94歳で大往生した父親・阿川弘之氏との思い出をつづったエッセー。

 臨終の夜、仕事を終わらせて娘が駆け付けると父の呼吸はすでに止まっていた。しかし、まだ心臓は動いており、話しかければ今にも言葉が返ってきそうだった。娘は、父が生前に著作の増刷分の印税額を気にしていたことを思い出し、「30万円だったよ」とその耳に報告する。いつものような反応を期待したが、父の声が病室に蘇ることはなかった。そんな別れの日の情景から、父を父と初めて認識した日の幼い日の思い出、そして決して父と同じもの書きになるまいと誓っていたのに、お互いに仕事について相談し合うようになった近年まで、お互いに憎まれ口をたたきながらも深い愛情で結ばれた父と娘の関係が浮かび上がる。(文藝春秋 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード