「強父論」阿川佐和子著

公開日:

 94歳で大往生した父親・阿川弘之氏との思い出をつづったエッセー。

 臨終の夜、仕事を終わらせて娘が駆け付けると父の呼吸はすでに止まっていた。しかし、まだ心臓は動いており、話しかければ今にも言葉が返ってきそうだった。娘は、父が生前に著作の増刷分の印税額を気にしていたことを思い出し、「30万円だったよ」とその耳に報告する。いつものような反応を期待したが、父の声が病室に蘇ることはなかった。そんな別れの日の情景から、父を父と初めて認識した日の幼い日の思い出、そして決して父と同じもの書きになるまいと誓っていたのに、お互いに仕事について相談し合うようになった近年まで、お互いに憎まれ口をたたきながらも深い愛情で結ばれた父と娘の関係が浮かび上がる。(文藝春秋 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る