「本当はブラックな江戸時代」永井義男著

公開日:  更新日:

 江戸時代が実はいかに「ブラック」だったかを解き明かす歴史読み物。庶民の子は11、12歳で奉公に出るのが普通で、男の子は商家の丁稚や職人の徒弟、女の子は武家や商家の女中や下女となった。年季は10年で、最低限の衣食住は保証されるが、給与は小遣い程度。住み込みのため24時間勤務と同じで、休みは年に2日しかないという実は過酷な職場環境だった。さらに吉原の女性たちはその上をいく過酷さだったという。

 その他、町奉行所の市民を守る意識の低さや、便所は汲み取り式、小便は垂れ流しで異臭を放っていたという長屋、腐った魚が流通していたという食事情など。滝沢馬琴らの日記や浮世絵などを読み解きながら、江戸の現実を明らかにする。(辰巳出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る