「裁く眼」我孫子武丸著

公開日: 更新日:

 路上で似顔絵を描いて食べている、売れない漫画家の袴田鉄雄。美人の客をそっくりに描いたのに連れの男にどなられ、代金を踏み倒された。同情したたい焼き屋のおばちゃんの世話で、テレビ局から仕事が舞い込んだ。法廷で被告人の似顔絵を描く法廷画家の仕事だ。担当したのは殺人容疑をかけられた佐藤美里亜。衝撃的な美人だ。見たとおりに描いたら美人に描きすぎて使いにくいと言われた。その似顔絵がテレビの画面に流れた日、鉄雄は襲われて大けがをした。そして、同じ法廷画家の聖護院桜が殺された。美里亜の似顔絵が原因なのか?

 鋭い目をもった画家の絵をめぐるミステリー。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード