• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「裁く眼」我孫子武丸著

 路上で似顔絵を描いて食べている、売れない漫画家の袴田鉄雄。美人の客をそっくりに描いたのに連れの男にどなられ、代金を踏み倒された。同情したたい焼き屋のおばちゃんの世話で、テレビ局から仕事が舞い込んだ。法廷で被告人の似顔絵を描く法廷画家の仕事だ。担当したのは殺人容疑をかけられた佐藤美里亜。衝撃的な美人だ。見たとおりに描いたら美人に描きすぎて使いにくいと言われた。その似顔絵がテレビの画面に流れた日、鉄雄は襲われて大けがをした。そして、同じ法廷画家の聖護院桜が殺された。美里亜の似顔絵が原因なのか?

 鋭い目をもった画家の絵をめぐるミステリー。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る