「裁く眼」我孫子武丸著

公開日: 更新日:

 路上で似顔絵を描いて食べている、売れない漫画家の袴田鉄雄。美人の客をそっくりに描いたのに連れの男にどなられ、代金を踏み倒された。同情したたい焼き屋のおばちゃんの世話で、テレビ局から仕事が舞い込んだ。法廷で被告人の似顔絵を描く法廷画家の仕事だ。担当したのは殺人容疑をかけられた佐藤美里亜。衝撃的な美人だ。見たとおりに描いたら美人に描きすぎて使いにくいと言われた。その似顔絵がテレビの画面に流れた日、鉄雄は襲われて大けがをした。そして、同じ法廷画家の聖護院桜が殺された。美里亜の似顔絵が原因なのか?

 鋭い目をもった画家の絵をめぐるミステリー。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る