• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「時代別・京都を歩く」 蔵田敏明著土村清治写真

 京都に縁のある歴史上の人物に思いを寄せながら古都を歩く紀行ガイド。

 時代祭が誕生する明治まで、京都三大祭りの一つに数えられていた上御霊神社の御霊会の始まりは貞観5(863)年。平安京を造営した桓武天皇が、遷都の際、弟の早良親王の霊を祭るために造られたのが上御霊神社だった。非業の死を遂げた早良親王の霊に悩まされていた天皇は、弟の鎮魂の次に、怨霊から守るために都の四方に将軍塚を配した。そんな桓武天皇の都づくりを紹介しながら、鬼門封じの猿ケ辻や安倍晴明が式神を隠した一条戻橋など、現代に残るスポットを紹介。

 その他、信長や本阿弥光悦、坂本龍馬、川端康成など平安から昭和まで24人のゆかりの地を巡りながら京都を案内する。(山と溪谷社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る