「時代別・京都を歩く」 蔵田敏明著土村清治写真

公開日:  更新日:

 京都に縁のある歴史上の人物に思いを寄せながら古都を歩く紀行ガイド。

 時代祭が誕生する明治まで、京都三大祭りの一つに数えられていた上御霊神社の御霊会の始まりは貞観5(863)年。平安京を造営した桓武天皇が、遷都の際、弟の早良親王の霊を祭るために造られたのが上御霊神社だった。非業の死を遂げた早良親王の霊に悩まされていた天皇は、弟の鎮魂の次に、怨霊から守るために都の四方に将軍塚を配した。そんな桓武天皇の都づくりを紹介しながら、鬼門封じの猿ケ辻や安倍晴明が式神を隠した一条戻橋など、現代に残るスポットを紹介。

 その他、信長や本阿弥光悦、坂本龍馬、川端康成など平安から昭和まで24人のゆかりの地を巡りながら京都を案内する。(山と溪谷社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る