• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「サーベル警視庁」今野敏著

 日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破り、国内が沸いていた明治38年、不忍池で帝国大学のドイツ文学講師の死体が発見された。通報したのは富山の薬売りだったが、奇妙なことに事情聴取後、こつ然と姿を消す。その日の夜、今度は陸軍大佐が殺された。大学講師と同じく一突きで刺殺されている。溝口派一刀流免許皆伝の岩井巡査は、その傷口から凶器は西洋の剣レイピアだと見抜く。なぜか内務省が捜査を妨害しようとするが、元新選組三番隊組長の斎藤一や探偵の西小路も加わって、真相に迫る。

 夏目漱石や小泉八雲などの文学者も絡んだ、明治政府の権力闘争の闇を切り裂く警察小説。(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る