「サーベル警視庁」今野敏著

公開日:

 日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破り、国内が沸いていた明治38年、不忍池で帝国大学のドイツ文学講師の死体が発見された。通報したのは富山の薬売りだったが、奇妙なことに事情聴取後、こつ然と姿を消す。その日の夜、今度は陸軍大佐が殺された。大学講師と同じく一突きで刺殺されている。溝口派一刀流免許皆伝の岩井巡査は、その傷口から凶器は西洋の剣レイピアだと見抜く。なぜか内務省が捜査を妨害しようとするが、元新選組三番隊組長の斎藤一や探偵の西小路も加わって、真相に迫る。

 夏目漱石や小泉八雲などの文学者も絡んだ、明治政府の権力闘争の闇を切り裂く警察小説。(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る