「やまと錦」村木嵐著

公開日: 更新日:

 幕藩体制が瓦解し、明治新政府が立ったとき、この国の最大の問題は法体制が整っていないことだった。欧米列強から不平等な条約を強いられ、世情は動揺していた。不満を抱えた藩士たちは闇討ちを繰り返し、国民は不安と貧困に喘いでいる。必要なのは、日本という国の形を定め、すべての法の上に君臨する法、つまり「憲法」である。このとてつもない難業に精魂込めて取り組んだのが、井上多久馬(のちに毅)である。2500年以上続く天皇制の上に、列強に屈しない近代国家を築く憲法草案を起こした彼の生涯を描く。

 読み進めると、今にも通ずる憲法の屋台骨を建てるために、想像を絶する労苦と緻密な配慮があったのだとわかる。憲法に基づいて政治が行われる立憲主義を貫き、政府と議会と裁判所の三権分立の原理を巧みに織り込んで、おのおのの暴走を抑制するはずだったのだが……。

 タイトル「やまと錦」に込められた井上の思いを知れば、今なお続く改憲論争を違う角度で見つめることができるはずだ。(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る