• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ITSUKI 死神と呼ばれた女」中島丈博著

 古本屋の嫁、埴生斎は、養父母、弟を亡くし、姑に死神呼ばわりされていた。店番をしていたとき、万引に気づいて男を追いかけたが逃げられてしまう。その万引男、志田が後日、おずおずと落としたバッグを取りに来た。あのとき、志田をつかまえようとした斎に股間をつかまれたのだが、そのことを思い出すと切なくなる。年上の女が憧れなので、自分とラブしてほしいと頼む。斎は驚いたものの、自分がまだ現役の女だったと思いだす。夫や姑との軋轢に疲れて、ある日、斎は衝動的に志田とホテルへ行き、それを契機に、娘を置いて家を出ることを決意する。

 ベテラン脚本家がエネルギッシュなバツイチ女たちの恋愛を描く。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  3. 3

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

もっと見る