「ITSUKI 死神と呼ばれた女」中島丈博著

公開日:

 古本屋の嫁、埴生斎は、養父母、弟を亡くし、姑に死神呼ばわりされていた。店番をしていたとき、万引に気づいて男を追いかけたが逃げられてしまう。その万引男、志田が後日、おずおずと落としたバッグを取りに来た。あのとき、志田をつかまえようとした斎に股間をつかまれたのだが、そのことを思い出すと切なくなる。年上の女が憧れなので、自分とラブしてほしいと頼む。斎は驚いたものの、自分がまだ現役の女だったと思いだす。夫や姑との軋轢に疲れて、ある日、斎は衝動的に志田とホテルへ行き、それを契機に、娘を置いて家を出ることを決意する。

 ベテラン脚本家がエネルギッシュなバツイチ女たちの恋愛を描く。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る