「信長と弥助」ロックリー・トーマス著、不二淑子訳

公開日: 更新日:

 織田信長に仕えていた黒人侍の弥助は、本能寺の変の夜、信長の命を受けて燃え盛る炎から脱出し、信長の嫡男・信忠の元に走った。信忠が明智軍に敗れた後、イエズス会の教会に移送されたが、その後は歴史から消える。弥助はイタリア人宣教師・ヴァリニャーノと、ポルトガル船でマカオから九州に上陸したのだが、そもそも弥助がどこの国で生まれたのかは分かっていない。ヴァリニャーノに雇われた契約労働者だったのか、奴隷の身分から解放されたのかも不明である。

 日本在住の英国人の著者が、16世紀の世界の奴隷貿易の状況を調べて、黒人侍・弥助の生涯の謎を解き明かすノンフィクション。

(太田出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る