「信長と弥助」ロックリー・トーマス著、不二淑子訳

公開日:

 織田信長に仕えていた黒人侍の弥助は、本能寺の変の夜、信長の命を受けて燃え盛る炎から脱出し、信長の嫡男・信忠の元に走った。信忠が明智軍に敗れた後、イエズス会の教会に移送されたが、その後は歴史から消える。弥助はイタリア人宣教師・ヴァリニャーノと、ポルトガル船でマカオから九州に上陸したのだが、そもそも弥助がどこの国で生まれたのかは分かっていない。ヴァリニャーノに雇われた契約労働者だったのか、奴隷の身分から解放されたのかも不明である。

 日本在住の英国人の著者が、16世紀の世界の奴隷貿易の状況を調べて、黒人侍・弥助の生涯の謎を解き明かすノンフィクション。

(太田出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る