「信長と弥助」ロックリー・トーマス著、不二淑子訳

公開日:

 織田信長に仕えていた黒人侍の弥助は、本能寺の変の夜、信長の命を受けて燃え盛る炎から脱出し、信長の嫡男・信忠の元に走った。信忠が明智軍に敗れた後、イエズス会の教会に移送されたが、その後は歴史から消える。弥助はイタリア人宣教師・ヴァリニャーノと、ポルトガル船でマカオから九州に上陸したのだが、そもそも弥助がどこの国で生まれたのかは分かっていない。ヴァリニャーノに雇われた契約労働者だったのか、奴隷の身分から解放されたのかも不明である。

 日本在住の英国人の著者が、16世紀の世界の奴隷貿易の状況を調べて、黒人侍・弥助の生涯の謎を解き明かすノンフィクション。

(太田出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る