「しない技術」佐藤有紀著

公開日:

 独身時代は24時間すべてが自分の時間だが、結婚したり年齢を重ねるとそうはいかない。

 そんな多忙な中でも仕事の手を抜くことなく、勉強や運動など、やりたいことをする時間を生み出す方法とは、「しなくていいことはやらない」「時間のアウトプットを増やすこと」の2つに尽きる。

 たとえば「2次会の参加」や「深酒」は「しなくていいこと」。終電近くまで2次会に付き合っても重要な情報が得られるとは限らず、疲れて翌日に影響するからだ。

 一方、後回しになりがちな仕事はリストで細分化する、はじめての仕事は締め切りを早めに設定するなど、時間のアウトプットをしておくと結果的に時間の効率につながる。

 弁護士、セミナー講師、NPO法人の監事など1人7役をこなす著者が、シンプルな時間術を伝授する。(プレジデント社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る