「オムライスの秘密メロンパンの謎」澁川祐子著

公開日: 更新日:

 日本人に愛され続けてきた国民食のルーツを探るコラム集。

 例えば「コロッケ」。フランス料理の「クロケット」が転訛(てんか)したものというのがこれまでの定説。日本でいうクリームコロッケ=「クロケット」のベシャメルソースの代わりにジャガイモを使用したという説だ。

 しかし、明治時代の料理本を調べると、コロッケもどきの料理がさまざま登場した後にフランス料理のクロケットが登場していることが分かり、著者はオランダ説、そしてポルトガル説へと検証を展開していく。他にも、横浜のホテルが発祥といわれる「ナポリタン」やケーキの「モンブラン」など、定番メニュー28品が日本人の食卓にのぼるまでの歴史を追う。(新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る