「オムライスの秘密メロンパンの謎」澁川祐子著

公開日:

 日本人に愛され続けてきた国民食のルーツを探るコラム集。

 例えば「コロッケ」。フランス料理の「クロケット」が転訛(てんか)したものというのがこれまでの定説。日本でいうクリームコロッケ=「クロケット」のベシャメルソースの代わりにジャガイモを使用したという説だ。

 しかし、明治時代の料理本を調べると、コロッケもどきの料理がさまざま登場した後にフランス料理のクロケットが登場していることが分かり、著者はオランダ説、そしてポルトガル説へと検証を展開していく。他にも、横浜のホテルが発祥といわれる「ナポリタン」やケーキの「モンブラン」など、定番メニュー28品が日本人の食卓にのぼるまでの歴史を追う。(新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る