「みだら英泉」皆川博子著

公開日:  更新日:

 絵師の卵・善次郎は、北斎の娘・お栄と出かけた浅草大円寺の「花相撲」で顔見知りの長次郎から声をかけられる。長次郎は、四渓淫乱斎の号で出した艶本の作者が善次郎だと気づいていた。宮侍だった父の死後、仕官して腹違いの妹3人を養っていた長次郎だが、枕絵を描いて版元に売り渡していたのが発覚、禄を失ってしまった。

 今は師匠の英山や、北斎などから紹介される枕絵や浮世絵の仕事をこなしながら、里子に出した妹たちの養育料を払い続けていた。善次郎は、いずれ蔦屋並みの版元になると大望を抱く長次郎に請われ、彼の仕事を受ける。長次郎の計らいで、3人の妹たちも江戸に戻るが……。

 浮世絵師・渓斎英泉の生きざまを妹たちとの関係から描き出す時代小説。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る