「みだら英泉」皆川博子著

公開日: 更新日:

 絵師の卵・善次郎は、北斎の娘・お栄と出かけた浅草大円寺の「花相撲」で顔見知りの長次郎から声をかけられる。長次郎は、四渓淫乱斎の号で出した艶本の作者が善次郎だと気づいていた。宮侍だった父の死後、仕官して腹違いの妹3人を養っていた長次郎だが、枕絵を描いて版元に売り渡していたのが発覚、禄を失ってしまった。

 今は師匠の英山や、北斎などから紹介される枕絵や浮世絵の仕事をこなしながら、里子に出した妹たちの養育料を払い続けていた。善次郎は、いずれ蔦屋並みの版元になると大望を抱く長次郎に請われ、彼の仕事を受ける。長次郎の計らいで、3人の妹たちも江戸に戻るが……。

 浮世絵師・渓斎英泉の生きざまを妹たちとの関係から描き出す時代小説。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る