「みだら英泉」皆川博子著

公開日: 更新日:

 絵師の卵・善次郎は、北斎の娘・お栄と出かけた浅草大円寺の「花相撲」で顔見知りの長次郎から声をかけられる。長次郎は、四渓淫乱斎の号で出した艶本の作者が善次郎だと気づいていた。宮侍だった父の死後、仕官して腹違いの妹3人を養っていた長次郎だが、枕絵を描いて版元に売り渡していたのが発覚、禄を失ってしまった。

 今は師匠の英山や、北斎などから紹介される枕絵や浮世絵の仕事をこなしながら、里子に出した妹たちの養育料を払い続けていた。善次郎は、いずれ蔦屋並みの版元になると大望を抱く長次郎に請われ、彼の仕事を受ける。長次郎の計らいで、3人の妹たちも江戸に戻るが……。

 浮世絵師・渓斎英泉の生きざまを妹たちとの関係から描き出す時代小説。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  9. 9

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る