「みだら英泉」皆川博子著

公開日:  更新日:

 絵師の卵・善次郎は、北斎の娘・お栄と出かけた浅草大円寺の「花相撲」で顔見知りの長次郎から声をかけられる。長次郎は、四渓淫乱斎の号で出した艶本の作者が善次郎だと気づいていた。宮侍だった父の死後、仕官して腹違いの妹3人を養っていた長次郎だが、枕絵を描いて版元に売り渡していたのが発覚、禄を失ってしまった。

 今は師匠の英山や、北斎などから紹介される枕絵や浮世絵の仕事をこなしながら、里子に出した妹たちの養育料を払い続けていた。善次郎は、いずれ蔦屋並みの版元になると大望を抱く長次郎に請われ、彼の仕事を受ける。長次郎の計らいで、3人の妹たちも江戸に戻るが……。

 浮世絵師・渓斎英泉の生きざまを妹たちとの関係から描き出す時代小説。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る