「山よ奔れ」矢野隆著

公開日:  更新日:

 大坂の医師の息子、杉下風馬は博多にたどり着いた。長崎を目指していたのだが、小倉で金を盗まれて宿賃も払えない。見かねた大工の九蔵が自分の長屋の空き部屋に連れていった。

 博多はギ園山笠の季節で、九蔵は「追い山」に命を懸ける〈のぼせもん〉だ。その前年に尊王攘夷派が公武合体派に押され、長州に逃れるという事件があり、博多には月形洗蔵をはじめとする筑前勤王党の志士が集まっていた。そんななか、山を打ち壊して〈のぼせもん〉らの怒りをあおり、それを城に向けようという企てが進行していた。

 激動の時代に、政争に巻き込まれながらも博多山笠に命を懸ける男たちを描く時代小説。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る