「山よ奔れ」矢野隆著

公開日: 更新日:

 大坂の医師の息子、杉下風馬は博多にたどり着いた。長崎を目指していたのだが、小倉で金を盗まれて宿賃も払えない。見かねた大工の九蔵が自分の長屋の空き部屋に連れていった。

 博多はギ園山笠の季節で、九蔵は「追い山」に命を懸ける〈のぼせもん〉だ。その前年に尊王攘夷派が公武合体派に押され、長州に逃れるという事件があり、博多には月形洗蔵をはじめとする筑前勤王党の志士が集まっていた。そんななか、山を打ち壊して〈のぼせもん〉らの怒りをあおり、それを城に向けようという企てが進行していた。

 激動の時代に、政争に巻き込まれながらも博多山笠に命を懸ける男たちを描く時代小説。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る