「山よ奔れ」矢野隆著

公開日: 更新日:

 大坂の医師の息子、杉下風馬は博多にたどり着いた。長崎を目指していたのだが、小倉で金を盗まれて宿賃も払えない。見かねた大工の九蔵が自分の長屋の空き部屋に連れていった。

 博多はギ園山笠の季節で、九蔵は「追い山」に命を懸ける〈のぼせもん〉だ。その前年に尊王攘夷派が公武合体派に押され、長州に逃れるという事件があり、博多には月形洗蔵をはじめとする筑前勤王党の志士が集まっていた。そんななか、山を打ち壊して〈のぼせもん〉らの怒りをあおり、それを城に向けようという企てが進行していた。

 激動の時代に、政争に巻き込まれながらも博多山笠に命を懸ける男たちを描く時代小説。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る