「山よ奔れ」矢野隆著

公開日:  更新日:

 大坂の医師の息子、杉下風馬は博多にたどり着いた。長崎を目指していたのだが、小倉で金を盗まれて宿賃も払えない。見かねた大工の九蔵が自分の長屋の空き部屋に連れていった。

 博多はギ園山笠の季節で、九蔵は「追い山」に命を懸ける〈のぼせもん〉だ。その前年に尊王攘夷派が公武合体派に押され、長州に逃れるという事件があり、博多には月形洗蔵をはじめとする筑前勤王党の志士が集まっていた。そんななか、山を打ち壊して〈のぼせもん〉らの怒りをあおり、それを城に向けようという企てが進行していた。

 激動の時代に、政争に巻き込まれながらも博多山笠に命を懸ける男たちを描く時代小説。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る