「色いろ花骨牌」黒鉄ヒロシ著

公開日:

 人気漫画家が今は亡き、先輩らとの交遊をつづったエッセー。

 20代前半のある日、メンバーが足りないと福地泡介氏から麻雀に誘われた。あとの2人の名前を聞いて仰天。漫画を描き始めたばかりの著者にとっては雲の上の存在、大スターの芦田伸介と高校の教科書にその名が載っていた吉行淳之介だった。以来、三十数年、吉行氏とは赤坂の旅館「乃なみ」で卓を囲み続けてきた。自ら発した言葉には冗談でも責任を持つ吉行氏は、麻雀中の雑談でも翌日に訂正の電話がかかってくるほどだったという。多くのエピソードで、知られざる大作家の人柄を描き出す。

 その他、阿佐田哲也氏や秋山庄太郎氏など、そうそうたる9人と多くの脇役たちが登場する極上交遊録。(小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る