「色いろ花骨牌」黒鉄ヒロシ著

公開日: 更新日:

 人気漫画家が今は亡き、先輩らとの交遊をつづったエッセー。

 20代前半のある日、メンバーが足りないと福地泡介氏から麻雀に誘われた。あとの2人の名前を聞いて仰天。漫画を描き始めたばかりの著者にとっては雲の上の存在、大スターの芦田伸介と高校の教科書にその名が載っていた吉行淳之介だった。以来、三十数年、吉行氏とは赤坂の旅館「乃なみ」で卓を囲み続けてきた。自ら発した言葉には冗談でも責任を持つ吉行氏は、麻雀中の雑談でも翌日に訂正の電話がかかってくるほどだったという。多くのエピソードで、知られざる大作家の人柄を描き出す。

 その他、阿佐田哲也氏や秋山庄太郎氏など、そうそうたる9人と多くの脇役たちが登場する極上交遊録。(小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る