「色いろ花骨牌」黒鉄ヒロシ著

公開日: 更新日:

 人気漫画家が今は亡き、先輩らとの交遊をつづったエッセー。

 20代前半のある日、メンバーが足りないと福地泡介氏から麻雀に誘われた。あとの2人の名前を聞いて仰天。漫画を描き始めたばかりの著者にとっては雲の上の存在、大スターの芦田伸介と高校の教科書にその名が載っていた吉行淳之介だった。以来、三十数年、吉行氏とは赤坂の旅館「乃なみ」で卓を囲み続けてきた。自ら発した言葉には冗談でも責任を持つ吉行氏は、麻雀中の雑談でも翌日に訂正の電話がかかってくるほどだったという。多くのエピソードで、知られざる大作家の人柄を描き出す。

 その他、阿佐田哲也氏や秋山庄太郎氏など、そうそうたる9人と多くの脇役たちが登場する極上交遊録。(小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る

人気キーワード