「社員をサーフィンに行かせよう」イヴォン・シュイナード著、井口耕二訳

公開日: 更新日:

 1950年代末にロッククライミングギアの設計・製造・販売から始めたカリフォルニアの企業「パタゴニア」。自社の製品が岩壁を傷つけることに気づくと傷つけない製品を開発する。また、衣料品も販売しているが、古くなった衣料品の回収・リサイクルを行うなど、環境を守ることを理念としている。仕事は楽しくなければならないというポリシーから、「社員をサーフィンに行かせる」フレックス制度を導入した。社員は午後2時からサーフィンに行こうと計画するのでなく、いい風が吹き、いい波が立ったらサーフィンに行けるのだ。

 100年先も存続する企業を目指す「パタゴニア」のビジネスを紹介する。(ダイヤモンド社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る