「社員をサーフィンに行かせよう」イヴォン・シュイナード著、井口耕二訳

公開日:

 1950年代末にロッククライミングギアの設計・製造・販売から始めたカリフォルニアの企業「パタゴニア」。自社の製品が岩壁を傷つけることに気づくと傷つけない製品を開発する。また、衣料品も販売しているが、古くなった衣料品の回収・リサイクルを行うなど、環境を守ることを理念としている。仕事は楽しくなければならないというポリシーから、「社員をサーフィンに行かせる」フレックス制度を導入した。社員は午後2時からサーフィンに行こうと計画するのでなく、いい風が吹き、いい波が立ったらサーフィンに行けるのだ。

 100年先も存続する企業を目指す「パタゴニア」のビジネスを紹介する。(ダイヤモンド社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る