「『つながり』を感じれば疲れはとれる」藤本靖著

公開日: 更新日:

 肩凝り、腰痛、首の痛みなど全身のさまざまな不調は、偏った姿勢や生活習慣により、体がバランスを失っていることが原因だと著者は指摘する。本来は「体の調整力」があるが、ストレスによってその能力を失っているため、マッサージを受けても十分に休んでも、不調が改善されないのだという。

 自分の体がどんな状態にあるかについて適切に情報が脳に伝わり、「体の調整力」をうまく働かせるにはどうすればいいのか?

 たとえば肩凝りがひどいからと、肩だけに何らかの処置を施しても、体全体の「つながり」を無視しているので、その場しのぎの効果になる。本書では、体のつながりを取り戻し、体の調整力を正常に稼働させるための具体的な方法を紹介する。

 なお、著者は東京大学大学院で身体教育学を研究し、体の内側にある個々人の可能性と出合っていく「ロルフィング」の技術を研さん。プロスポーツ選手、ダンサーや音楽家ら、体を使うことを専門とするクライアントを中心に個人セッションを行う。(学研プラス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る