「クリスパー」ジェニファー・ダウドナ著、櫻井祐子訳

公開日: 更新日:

 科学の進歩は地球上のすべての生物の遺伝子コードを操作し、変更することを可能にした。最新の、最も有効な遺伝子編集ツール「CRISPR」を使えば、どんな動植物のゲノムの遺伝子でも挿入、編集、削除することができる。だが、ヒト胚の変異遺伝子を「正常な」遺伝子に改変できるようになれば、正常な遺伝子をより優れた(と思われる)遺伝子にアップグレードしたくなる。心疾患やアルツハイマー病のリスクを減らすために、まだ生まれていない子どもの遺伝子を編集するべきか? 著者は、研究者や生命倫理学者だけでなく、社会科学者や政策立案者、宗教指導者らを巻き込んだ議論が必要だと考えた。

 遺伝子編集技術を開発した女性科学者の手記。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  4. 4

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  5. 5

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    日比谷高校の東大合格者数“復活”に尽力した3人の立役者

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る