「クリスパー」ジェニファー・ダウドナ著、櫻井祐子訳

公開日:  更新日:

 科学の進歩は地球上のすべての生物の遺伝子コードを操作し、変更することを可能にした。最新の、最も有効な遺伝子編集ツール「CRISPR」を使えば、どんな動植物のゲノムの遺伝子でも挿入、編集、削除することができる。だが、ヒト胚の変異遺伝子を「正常な」遺伝子に改変できるようになれば、正常な遺伝子をより優れた(と思われる)遺伝子にアップグレードしたくなる。心疾患やアルツハイマー病のリスクを減らすために、まだ生まれていない子どもの遺伝子を編集するべきか? 著者は、研究者や生命倫理学者だけでなく、社会科学者や政策立案者、宗教指導者らを巻き込んだ議論が必要だと考えた。

 遺伝子編集技術を開発した女性科学者の手記。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る