「肉弾」河﨑秋子著

公開日: 更新日:

 大学を休学中のキミヤは、反りの合わない父に連れられて釧路空港に降り立った。車で裏摩周に行き、駐車場で売店の人間に見つからないように銃と荷物を降ろした。鹿狩りに来たと思ったら、父は熊を撃つという。笹やぶで野営をした翌日、後ろから吹きつける風に生臭さを感じ、父に呼び掛けると、振り返った父とともにぶっ飛んだ。ライフルを撃つ父が熊に襲われるのを見て、キミヤも引き金を引く。そのとき、数頭の犬が熊に飛びかかった。山奥にひとり取り残され、熊と野生化した犬に狙われながら逃げるうちに、キミヤの中で生きる本能が目覚めていく。

 ひ弱な青年のサバイバル小説。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード