• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スパイたちの遺産」ジョン・ル・カレ著、加賀山卓朗訳

 フランスの片田舎で引退生活を送っていた元スパイのピーター・ギラムは、英国情報部に呼び出された。

 受付で身につけているすべての金属をはずしてトレーに入れ、探知機で体を検査されて最上階へ。法務課長のバニーに、冷戦のさなかにピーターが関わった〈ウィンドフォール〉作戦で、仲間のアレックスとエリザベスが東ドイツ側に射殺されたことについて尋問される。アレックスの息子とエリザベスの娘が、2人が射殺された責任は英国情報部にあると、訴訟をもくろんでいるという。シュタージはモスクワ・センターからピーターらの氏名を手に入れた。そしてモスクワ・センターは英国情報部から探り出したのだ。

「寒い国から帰ってきたスパイ」の続編。

(早川書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る