「スパイたちの遺産」ジョン・ル・カレ著、加賀山卓朗訳

公開日:

 フランスの片田舎で引退生活を送っていた元スパイのピーター・ギラムは、英国情報部に呼び出された。

 受付で身につけているすべての金属をはずしてトレーに入れ、探知機で体を検査されて最上階へ。法務課長のバニーに、冷戦のさなかにピーターが関わった〈ウィンドフォール〉作戦で、仲間のアレックスとエリザベスが東ドイツ側に射殺されたことについて尋問される。アレックスの息子とエリザベスの娘が、2人が射殺された責任は英国情報部にあると、訴訟をもくろんでいるという。シュタージはモスクワ・センターからピーターらの氏名を手に入れた。そしてモスクワ・センターは英国情報部から探り出したのだ。

「寒い国から帰ってきたスパイ」の続編。

(早川書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る