「60歳から会社に残れる人、残ってほしい人」酒巻久著

公開日: 更新日:

 定年を迎えたとき、会社に「残りたい人」と、会社にとって「残ってほしい人」がいる。「残ってほしい人」とは、学歴や役職に関係なく、仕事に全力投球してきた人だ。年をとると若い頃に比べて技術力が落ちてくる。高い専門性を持ち続けようとするなら、若い頃の何倍も勉強し、技術力の低下を補う何かを磨くことが必要になる。

 例えば「人を巻き込む力」。新規事業の目標を掲げ、上司や部下を巻き込めば成果を上げることができる。そういうことができれば、会社にとってだけでなく、社会にとっても「必要とされる人」であり続けることができる。

 キヤノンを高収益企業に成長させた社長からのアドバイス。(幻冬舎 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る

人気キーワード