「ファンダム・レボリューション」ゾーイ・フラード=ブラナー&アーロン・M・グレイザー著 関美和訳

公開日:

 ファンダムとは「人々が愛するさまざまな文化の周囲にできあがる構造や習慣」。例えば聖地を巡礼したり、ハリポタの発売前日に本屋の前で徹夜したりすることだ。

 それを人為的に作りだした例が、コンピュータープログラミングが生んだ人気歌手「初音ミク」で、巨大スクリーンで展開されたコンサートには3万6000人のファンが詰めかけた。警戒が必要なのは「炎上」である。韓国へのバーボン輸出の関税が撤廃されて売り上げが急速に伸び、生産が追いつかなくなったため、メーカーがアルコール度を下げると発表したとたん、ネットが炎上した。

 クラウドソーシング・ホビー会社のCCOがSNS時代のファンダム・ビジネスの戦略を語る。(早川書房 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る