「歌うエスカルゴ」津原泰水著

公開日:  更新日:

 弱小出版社で働く柳楽は、社長の高嶋から巻き貝や渦潮など、らせん状をこよなく愛する写真家・雨野を訪ねるよう指示される。翌日、吉祥寺で立ち飲み店を営む雨野の実家を訪ねると、彼は店を改装してエスカルゴをメインにしたフランス料理店にすると言い出す。話の趣旨が理解できず戸惑う柳楽は、雨野から自分が会社をクビになったことを教えられる。

 柳楽が調理師免許を持っていることを知る高嶋が、雨野に推薦したらしい。会社が倒産寸前だと知り、仕方なく応じた柳楽は、雨野に連れられ伊勢に向かう。伊勢には雨野がこよなく愛するエスカルゴ・ポマティアの養殖に人生を捧げている男がいた。

 エスカルゴ以外の料理も多数登場する料理エンターテインメント。(角川春樹事務所 700円税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る