「歌うエスカルゴ」津原泰水著

公開日:  更新日:

 弱小出版社で働く柳楽は、社長の高嶋から巻き貝や渦潮など、らせん状をこよなく愛する写真家・雨野を訪ねるよう指示される。翌日、吉祥寺で立ち飲み店を営む雨野の実家を訪ねると、彼は店を改装してエスカルゴをメインにしたフランス料理店にすると言い出す。話の趣旨が理解できず戸惑う柳楽は、雨野から自分が会社をクビになったことを教えられる。

 柳楽が調理師免許を持っていることを知る高嶋が、雨野に推薦したらしい。会社が倒産寸前だと知り、仕方なく応じた柳楽は、雨野に連れられ伊勢に向かう。伊勢には雨野がこよなく愛するエスカルゴ・ポマティアの養殖に人生を捧げている男がいた。

 エスカルゴ以外の料理も多数登場する料理エンターテインメント。(角川春樹事務所 700円税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る