協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

公開日: 更新日:

 今季女子ツアーは11試合を消化し、史上4人目の初優勝から2戦連続優勝を遂げた竹田麗央をはじめ、初優勝プロが4人も出るなどフレッシュな選手の活躍で賑わいを見せる。その一方で、女子プロ協会上層部にとって不都合な事案もクローズアップされている。

 そのひとつが開幕に合わせてスタート予定だった協会肝いりの新規プロジェクト「応援ゲームアプリ」だ。ツアー開幕から2カ月以上もたった現在も稼働していない。

「準備不足で延期になったようです。サーバー容量の問題や、選手の写真使用の件でトラブルになっていると聞いています」(大手広告代理店関係者)

 ゲームアプリの名称は「女子プロゴルフ ヒロインコレクション」。お気に入り女子プロをアプリで応援するとサイン入りデジタルカードが手に入り、試合が行われているトーナメント会場を訪れて位置情報を送ると限定デジタルカードと交換できるなど、女子ツアーを盛り上げ、来場者数アップにつながるなどアイデア満載のアプリになるはずだった。

 運営はグラビティゲームアライズ社。昨年暮れから山下美夢有吉田優利、菅沼菜々、堀琴音ら人気プロを起用してユーチューブでPR。今年2月14日の同社のプレスリリースでは「バレンタインキャンペーン」、同19日は「ツアー開幕記念キャンペーン」とプレゼント企画を発表したが、その後は新たなリリースがパタリと止まっている。協会のホームページにもゲームアプリの紹介すら載っていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ