「真実」梶芽衣子著

公開日:  更新日:

 梶芽衣子の自伝である。梶がデビューしたのは日活。本名の太田雅子の名で、幾本かの映画に出演していたのだが、マキノ雅弘監督と出会い、梶芽衣子の名を与えられる。そして出合ったのが「野良猫ロック」シリーズ。当時、彼女は自分自身のキャラについて自問自答していて、思いついたのが“非行少女”。まさに時宜を得たオファーが舞い込んだのだ。

 1971年日活を退社した彼女の元に届いた出演依頼、それが後に空前の大ヒットとなる「女囚さそり」だった。最初は出演を渋っていた梶だが、原作の漫画を読んでいて、ふと思いつく。

「ヒロインがまったく言葉を発しなかったら面白くなるんじゃないか」

 他に勝新太郎、高倉健との出会いから、結納まで交わした相手との別れまでをつづる自伝。

(文藝春秋 1350円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る