「真実」梶芽衣子著

公開日:  更新日:

 梶芽衣子の自伝である。梶がデビューしたのは日活。本名の太田雅子の名で、幾本かの映画に出演していたのだが、マキノ雅弘監督と出会い、梶芽衣子の名を与えられる。そして出合ったのが「野良猫ロック」シリーズ。当時、彼女は自分自身のキャラについて自問自答していて、思いついたのが“非行少女”。まさに時宜を得たオファーが舞い込んだのだ。

 1971年日活を退社した彼女の元に届いた出演依頼、それが後に空前の大ヒットとなる「女囚さそり」だった。最初は出演を渋っていた梶だが、原作の漫画を読んでいて、ふと思いつく。

「ヒロインがまったく言葉を発しなかったら面白くなるんじゃないか」

 他に勝新太郎、高倉健との出会いから、結納まで交わした相手との別れまでをつづる自伝。

(文藝春秋 1350円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る