• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「真実」梶芽衣子著

 梶芽衣子の自伝である。梶がデビューしたのは日活。本名の太田雅子の名で、幾本かの映画に出演していたのだが、マキノ雅弘監督と出会い、梶芽衣子の名を与えられる。そして出合ったのが「野良猫ロック」シリーズ。当時、彼女は自分自身のキャラについて自問自答していて、思いついたのが“非行少女”。まさに時宜を得たオファーが舞い込んだのだ。

 1971年日活を退社した彼女の元に届いた出演依頼、それが後に空前の大ヒットとなる「女囚さそり」だった。最初は出演を渋っていた梶だが、原作の漫画を読んでいて、ふと思いつく。

「ヒロインがまったく言葉を発しなかったら面白くなるんじゃないか」

 他に勝新太郎、高倉健との出会いから、結納まで交わした相手との別れまでをつづる自伝。

(文藝春秋 1350円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る