「映画の戦後」川本三郎著

公開日:  更新日:

 1960年から70年代にかけて高倉健が演じたやくざは、義のために命を懸ける、体制の外側にいるアウトローだ。やくざはたいてい建設現場の労働者や露天商などの下積みの労働と関わっている。やくざ映画とはほとんどプロレタリア文学と同じ世界を描いているのだ。高倉健のやくざ映画に熱狂したのは、当時、全共闘運動に加わった学生たちだといわれたが、彼らだけではない。昭和39(1964)年の東京オリンピックの工事のために東北から上京した出稼ぎ労働者も圧倒的に支持したのではないか。(「やくざ」が輝いていた時代)

 日本映画とアメリカ映画を独自の視点で論じた映画批評集。

(七つ森書館 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る