「映画の戦後」川本三郎著

公開日: 更新日:

 1960年から70年代にかけて高倉健が演じたやくざは、義のために命を懸ける、体制の外側にいるアウトローだ。やくざはたいてい建設現場の労働者や露天商などの下積みの労働と関わっている。やくざ映画とはほとんどプロレタリア文学と同じ世界を描いているのだ。高倉健のやくざ映画に熱狂したのは、当時、全共闘運動に加わった学生たちだといわれたが、彼らだけではない。昭和39(1964)年の東京オリンピックの工事のために東北から上京した出稼ぎ労働者も圧倒的に支持したのではないか。(「やくざ」が輝いていた時代)

 日本映画とアメリカ映画を独自の視点で論じた映画批評集。

(七つ森書館 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る

人気キーワード