「仏像ぐるりのひとびと」麻宮ゆり子著

公開日: 更新日:

 雪嶋は、浪人時代に交通事故に遭い、2浪の末に京都の大学に進学。幼いころから仏像が好きだった雪嶋は、学生課の掲示板で見つけた仏像修復のアルバイトに応募する。修復師の門真は、初日から傷みの激しい鎌倉時代の木仏に樹脂を注入する作業を雪嶋に任せる。木仏は20体もあり、雪嶋は次第に作業に飽きてくるが、この仏像に祈りを捧げてきた当時の人々に思いを馳せることで何とか乗り切る。

 ある日、個人から新たな仏像の依頼が舞い込んだ。損傷が激しいその仏像について調べ始めた雪嶋は、情報を求めて大学の「のんびり仏像めぐり研究会」なるサークルに足を運ぶ。

 仏像を介した人々との出会いによって再生、成長する雪嶋を描く長編。 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る