• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「仏像ぐるりのひとびと」麻宮ゆり子著

 雪嶋は、浪人時代に交通事故に遭い、2浪の末に京都の大学に進学。幼いころから仏像が好きだった雪嶋は、学生課の掲示板で見つけた仏像修復のアルバイトに応募する。修復師の門真は、初日から傷みの激しい鎌倉時代の木仏に樹脂を注入する作業を雪嶋に任せる。木仏は20体もあり、雪嶋は次第に作業に飽きてくるが、この仏像に祈りを捧げてきた当時の人々に思いを馳せることで何とか乗り切る。

 ある日、個人から新たな仏像の依頼が舞い込んだ。損傷が激しいその仏像について調べ始めた雪嶋は、情報を求めて大学の「のんびり仏像めぐり研究会」なるサークルに足を運ぶ。

 仏像を介した人々との出会いによって再生、成長する雪嶋を描く長編。 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る