「仏像ぐるりのひとびと」麻宮ゆり子著

公開日:  更新日:

 雪嶋は、浪人時代に交通事故に遭い、2浪の末に京都の大学に進学。幼いころから仏像が好きだった雪嶋は、学生課の掲示板で見つけた仏像修復のアルバイトに応募する。修復師の門真は、初日から傷みの激しい鎌倉時代の木仏に樹脂を注入する作業を雪嶋に任せる。木仏は20体もあり、雪嶋は次第に作業に飽きてくるが、この仏像に祈りを捧げてきた当時の人々に思いを馳せることで何とか乗り切る。

 ある日、個人から新たな仏像の依頼が舞い込んだ。損傷が激しいその仏像について調べ始めた雪嶋は、情報を求めて大学の「のんびり仏像めぐり研究会」なるサークルに足を運ぶ。

 仏像を介した人々との出会いによって再生、成長する雪嶋を描く長編。 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る