「白仏」辻仁成著

公開日:  更新日:

 筑後川河口に浮かぶ大野島の鍛冶屋に生まれた稔は、7歳のとき、墓守の友人の手引きで少女の遺体を見る。その夜、高熱でうなされた稔は、夢の中で白仏を見る。同じころ、父の長四郎が軍の鉄砲を修理する鉄砲屋に転じ、稔は工場に持ち込まれる拳銃に魅せられる。隣家の娘・緒永久に恋心を抱く稔だが、熊本へ嫁いだ緒永久は3年後、棺に入れられ、島に戻ってきた。大正7年、シベリア出兵に動員された稔は生死の境目を体験して帰国。やがて、稔は戦死した兵隊や緒永久、友人らを鎮魂するため彼らの遺骨で一体の仏像を造ることを決意する。

 明治から昭和にかけて生きた男の激動の人生を描いたフランスのフェミナ賞外国小説賞受賞作。

(集英社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る