「白仏」辻仁成著

公開日:  更新日:

 筑後川河口に浮かぶ大野島の鍛冶屋に生まれた稔は、7歳のとき、墓守の友人の手引きで少女の遺体を見る。その夜、高熱でうなされた稔は、夢の中で白仏を見る。同じころ、父の長四郎が軍の鉄砲を修理する鉄砲屋に転じ、稔は工場に持ち込まれる拳銃に魅せられる。隣家の娘・緒永久に恋心を抱く稔だが、熊本へ嫁いだ緒永久は3年後、棺に入れられ、島に戻ってきた。大正7年、シベリア出兵に動員された稔は生死の境目を体験して帰国。やがて、稔は戦死した兵隊や緒永久、友人らを鎮魂するため彼らの遺骨で一体の仏像を造ることを決意する。

 明治から昭和にかけて生きた男の激動の人生を描いたフランスのフェミナ賞外国小説賞受賞作。

(集英社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る