• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本史の森をゆく」東京大学史料編纂所編

 古代から明治維新期までの日本史史料を収集研究する東京大学史料編纂所に所属する研究者によるアンソロジー。

 例えば室町時代中後期を生きた中級貴族の山科言国の日記「言国卿記」。原本は、書状などの裏面が再利用された「紙背文書」で、明応4(1495)年のある日の紙には能登の武士が妻として公家の息女を望んでいるので紹介してほしいとあり、これにはある没落貴族からの手紙が使われていた。こうした紙背文書を読み解く妙味を紹介する作品をはじめ、正倉院宝物に残る墨書から、聖武天皇の葬列に使われた純金の仏像の正体を推理した一文など、歴史上の人物から市井の暮らしまで、さまざまなテーマでつづられた42作を収録。

(中央公論新社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る