「天の光」葉室麟氏

公開日:  更新日:

 主人公・柊清三郎は福岡藩の武家の三男に生まれたが、仏師を志し博多の高坂浄雲に入門。腕を見込まれ浄雲の娘おゆきの婿となるが、己の仏像に仏性を見いだせない清三郎はおゆきを置いて京都へ修行の旅へ出る。3年後、成果を得られぬまま博多に戻ると師は強盗に殺され、おゆきは辱めを受け行方不明になっていた。深い悔恨を胸に清三郎はおゆきを救うことに命を賭していく……。

「中学生の頃に、ある仏師が仏像を彫り続けるがなかなか仏様にならない、それがある日突然、仏になるという物語を読んだんです。子どもながらにそういうことは実際にあるのじゃないかという思いがずっとあり、いつか書いてみたかった」

 本書のもうひとつの柱は、ストレートな愛。

「一直線な愛を書いてみたいというのがまず最初にありました。取り返しのつかないことをしでかしてしまった男が、取り返さなくてはいけないと愚直に突き進んでいく。そういう一直線な純粋さですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る