「天の光」葉室麟氏

公開日:  更新日:

 主人公・柊清三郎は福岡藩の武家の三男に生まれたが、仏師を志し博多の高坂浄雲に入門。腕を見込まれ浄雲の娘おゆきの婿となるが、己の仏像に仏性を見いだせない清三郎はおゆきを置いて京都へ修行の旅へ出る。3年後、成果を得られぬまま博多に戻ると師は強盗に殺され、おゆきは辱めを受け行方不明になっていた。深い悔恨を胸に清三郎はおゆきを救うことに命を賭していく……。

「中学生の頃に、ある仏師が仏像を彫り続けるがなかなか仏様にならない、それがある日突然、仏になるという物語を読んだんです。子どもながらにそういうことは実際にあるのじゃないかという思いがずっとあり、いつか書いてみたかった」

 本書のもうひとつの柱は、ストレートな愛。

「一直線な愛を書いてみたいというのがまず最初にありました。取り返しのつかないことをしでかしてしまった男が、取り返さなくてはいけないと愚直に突き進んでいく。そういう一直線な純粋さですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る