「里山奇談 めぐりゆく物語」COCO、日高トモキチ、玉川数共著

公開日:  更新日:

 神の棲む山と人の暮らす地の間に広がる里山。そこにはさまざまな生き物とともに、不思議が息づいている。虫や動物を追い、野山や川を渡り歩く“生き物屋”でもある著者たちがそのフィールドワークの中で、収集した不思議譚。

「蝗の日」。ある日、山道で虫好きの娘さんと並んで歩いていた。そのとき彼女は母の幼いころの話をはじめた。母は頻繁に両親から蝗取りを頼まれ、その日も妹を連れ、稲刈りが済んだ畔を蝗を取りながら歩いていた。ふと先を行く妹が気になり、声をかけようと一歩踏み出した途端、体が岩のように固まり、頭をわしづかみにされたような激痛が走った。そこで祖母から教えられた南無妙法蓮華経を必死で唱える。やがて痛みは薄れたが母は今でもそれが物の怪の仕業と信じている。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る