「里山奇談 めぐりゆく物語」COCO、日高トモキチ、玉川数共著

公開日:  更新日:

 神の棲む山と人の暮らす地の間に広がる里山。そこにはさまざまな生き物とともに、不思議が息づいている。虫や動物を追い、野山や川を渡り歩く“生き物屋”でもある著者たちがそのフィールドワークの中で、収集した不思議譚。

「蝗の日」。ある日、山道で虫好きの娘さんと並んで歩いていた。そのとき彼女は母の幼いころの話をはじめた。母は頻繁に両親から蝗取りを頼まれ、その日も妹を連れ、稲刈りが済んだ畔を蝗を取りながら歩いていた。ふと先を行く妹が気になり、声をかけようと一歩踏み出した途端、体が岩のように固まり、頭をわしづかみにされたような激痛が走った。そこで祖母から教えられた南無妙法蓮華経を必死で唱える。やがて痛みは薄れたが母は今でもそれが物の怪の仕業と信じている。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る