「なぜか惹かれる足立区」池田利道著

公開日:

 東京23区の中でも、ひときわ評価が低い足立区の裏と表をデータで分析するテキスト。

 2015年までの5年間で、駅勢圏(その駅を利用する人が住む区域)の人口が最も増えたのは京成本線の千住大橋で、まちの将来性に大きなカギを握る30代ファミリー層では圧倒的な差だったという。犯罪発生件数が多いと嫌厭されるが、それは面積の大きさと人口の多さ故であり、大学進学率は低いがその分、専門学校に進む人が多いと、数字の裏と表を解説。定住率や出生率の高さなどにも着目しその背景を探り、足立区で進められている犯罪撲滅や子育て支援の取り組みなども紹介。周回遅れがいつのまにかトップランナーになった足立区に東京の進むべき道を見る。

(ワニブックス 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る