「Apple さらなる成長と死角」竹内一正著

公開日: 更新日:

 アップルCEOのティム・クックは7年間で売り上げを2倍に、株価を4倍にした。そのクックを悩ますのがトランプ大統領だ。支持率を上げるために国内の雇用を増やそうと、国内にアップルの工場を建てるように迫った。だが、アメリカ人労働者の生産性は低く、そんなことをしたらアップルは傾きかねない。さらに、中国との競争もある。習近平体制は国内の半導体の開発製造に力を入れているため、中国政府系ファンドは半導体企業に多額の資金援助を行っている。米国政府はインテルなどの企業と中国企業との取引を7年間禁止するという制裁を発動し、米中の主導権争いは激化している。

 アップルOBが好調に見えるアップルの死角を探る。

(ダイヤモンド社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る

人気キーワード