• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「トラッカー恋唄」霧原一輝著

「おおぅ、茜ちゃん、気持ち良すぎる……!」

 達生は顔をあげて、両手で左右の乳首をつまんで、くにくにと転がした。

「ぁああ、いいの、いいの……内山さん、内山さん」

「どうしたんだ?」

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事