2代目「磯野波平」デビュー戦 茶風林“雷オヤジ”の完成度

公開日: 更新日:

「うるさいぞ! 2人とも!!」――。注目の第一声は、おっちょこちょいの長女と長男を叱り付ける波平サンらしい雷声であった。

 先月27日に逝去した永井一郎さん(享年82)に代わり、16日の放送回から「サザエさん」の大黒柱である2代目磯野波平(54)の声を務める茶風林(52)。全3話のうち2話に出演する活躍ぶりで、コラムニストの桧山珠美氏は「短期間でよくもまあ、ここまで先人の声に似せたもの。抑揚のあるセリフは波平サンらしい要所を押さえ、努力を感じる初陣だった」とこう続ける。

「確かにちゃぶ台を囲みながら家族だんらんで話すシーンでは、一家の大黒柱が急に軽くなった印象は否めません。長いセリフ回しになると『ちびまる子ちゃん』の永沢君や、『名探偵コナン』の目暮警部がちらほら登場する。ワカメやカツオの声が代替わりした時もそうでしたが、これっぽっちも違和感がないといったら嘘になる。でも、代替わりは半世紀近く続く長寿アニメのサガ。一ファンとして、温かく見守りたいです」

 次回の放送は「父さんインタイ宣言」ほか2本。何ともまあ、視聴心をくすぐるお題である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る