日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2代目「磯野波平」デビュー戦 茶風林“雷オヤジ”の完成度

「うるさいぞ! 2人とも!!」――。注目の第一声は、おっちょこちょいの長女と長男を叱り付ける波平サンらしい雷声であった。

 先月27日に逝去した永井一郎さん(享年82)に代わり、16日の放送回から「サザエさん」の大黒柱である2代目磯野波平(54)の声を務める茶風林(52)。全3話のうち2話に出演する活躍ぶりで、コラムニストの桧山珠美氏は「短期間でよくもまあ、ここまで先人の声に似せたもの。抑揚のあるセリフは波平サンらしい要所を押さえ、努力を感じる初陣だった」とこう続ける。

「確かにちゃぶ台を囲みながら家族だんらんで話すシーンでは、一家の大黒柱が急に軽くなった印象は否めません。長いセリフ回しになると『ちびまる子ちゃん』の永沢君や、『名探偵コナン』の目暮警部がちらほら登場する。ワカメやカツオの声が代替わりした時もそうでしたが、これっぽっちも違和感がないといったら嘘になる。でも、代替わりは半世紀近く続く長寿アニメのサガ。一ファンとして、温かく見守りたいです」

 次回の放送は「父さんインタイ宣言」ほか2本。何ともまあ、視聴心をくすぐるお題である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事