BPOが審議 人気アニメ「妹ちょ」問題視された描写とは?

公開日: 更新日:

 中高生以外に、いったい、だれが見るのだろうか。東京メトロポリタンテレビとサンテレビが放送しているアニメ「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」について、放送倫理・番組向上機構(BPO)が審議の対象にすることを決めた。土曜日の22時半からという放送時間では「中高生が見られる」と苦情が寄せられたという。両テレビ局は早速、第5話から放送時間を深夜にずらしたが、作品の主人公は女子高生である。大人が好んで見るようなアニメではないだろう。

「原作は『妹ちょ』と略されるマンガです。作者の松沢まりは女性で、少女漫画のような繊細でポップなタッチのエロい表現が人気。アニメでも、主人公がパンツを足まで下ろした四つん這いの状態でオシッコをもらしたり、同級生の女の子が自慰行為にふけるシーンがあったりする。そこが問題視されたようです」(事情通)

■映画も話題

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る