日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“フジ昼の顔”任された「タモリの後釜」伊藤アナが抱える不安

「彼なら大丈夫だろう」という声と、「過去の二の舞いにならなければいいが」との懸念が喧しい。

「笑っていいとも!」の後番組として、4月にスタートする情報バラエティーで進行役を務めるフジテレビの伊藤利尋アナ(41)だ。

 雨上がり決死隊など、日替わりで司会を務めるお笑いタレントを進行役として支えつつ、番組を盛り上げなければならない。
 タモリの後釜として、フジの昼の顔になるが、果たして伊藤アナはこなせるか、どうか、というのである。

「彼はニュースも読めるオールラウンドプレーヤーですから、競馬でもバラエティーでも時事ネタでも何でもござれ。慶大法学部政治学科卒の強記ですし、ミスター・ビーンを彷彿(ほうふつ)とさせる親しみやすさから、『好きな男性アナベスト10』に2年連続で3位にランクインした人気者ですからね。体力だって、申し分ありません。大塚範一アナが病気で入院されたときは早朝の『めざまし』での司会代行と昼の『知りたがり!』の総合司会を掛け持ちし、週25時間も番組に出続けた。みのもんたさんのギネス記録よりも長いんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事