“フジ昼の顔”任された「タモリの後釜」伊藤アナが抱える不安

公開日:  更新日:

「彼なら大丈夫だろう」という声と、「過去の二の舞いにならなければいいが」との懸念が喧しい。

「笑っていいとも!」の後番組として、4月にスタートする情報バラエティーで進行役を務めるフジテレビの伊藤利尋アナ(41)だ。

 雨上がり決死隊など、日替わりで司会を務めるお笑いタレントを進行役として支えつつ、番組を盛り上げなければならない。
 タモリの後釜として、フジの昼の顔になるが、果たして伊藤アナはこなせるか、どうか、というのである。

「彼はニュースも読めるオールラウンドプレーヤーですから、競馬でもバラエティーでも時事ネタでも何でもござれ。慶大法学部政治学科卒の強記ですし、ミスター・ビーンを彷彿(ほうふつ)とさせる親しみやすさから、『好きな男性アナベスト10』に2年連続で3位にランクインした人気者ですからね。体力だって、申し分ありません。大塚範一アナが病気で入院されたときは早朝の『めざまし』での司会代行と昼の『知りたがり!』の総合司会を掛け持ちし、週25時間も番組に出続けた。みのもんたさんのギネス記録よりも長いんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る